董事長陳春霖氏がNHKのインタビューに応じた:インテグレーション、インテリジェントなキャビンがトレンドに

リリース日2019-04-24

       2019上海モーターショーで、小鵬(XPENG)自動車傘下の新型車種であるL3レベルの自動運転に対応するP7を発表した。小鵬(XPENG)自動車、NVIDIAの協力パートナー及び中国自動車電子を代表する企業としてDESAY SVはNHKの注目を浴びた。

       董事長陳春霖氏はNHKのインタビューに応じた際、自動車業界の見通しを十分に肯定し、企業の発展に対し自信を示した。陳春霖董事長は、「どのような業界においても調整期間があり、昨年のマイナス成長は多くの方面に要因があり、我々にとっても挑戦とチャンスが併存しています。将来の自動車のモデルチェンジ・アップグレード方向として、「電気駆動化」「IoT化」「インテリジェント化」「シェアリング化」の発展であり、カーエレクトロニクス業界も新たな成長点を迎えています。将来的には、インテリジェントキャビン、インテリジェントドライブ、クルマのインターネット(IOV)に関連する分野において弊社は研究開発の資金投入に力を入れ、インテリジェントIoT化したカーエレクトロニクステクノロジーを発展させることにしています。」と述べた。同時に、自動車産業チェーン及びカーエレクトロニクス業界が発展トレンドとなってきている判断を基にして、積極的に戦略的レイアウトを調整しつつ絶えず新たなテクノロジーの突破を探し求め、テクノロジーの優位性を作り出し、開放的に協力する気持ちを持って、イノベーション、インテリジェント、競争力のある製品ソリューションとサービスを作り出し、戦略目標の実現と発展をサポート及びリードしていく。


NHKについて

       日本放送協会(NHK)は日本で初めて全国をカバーするラジオ・テレビ局で、高品質なニュース・ドキュメンタリーを制作することで知られている。1948年、日本政府は『放送法』を公布し、NHKの特殊な法律地位を確立し、BBC(英国放送協会)に類似するモデルを使って民衆から徴収される視聴料を元に運営され商業資本とは一線を画している公共メディアである。

前の章: DESAY SVとENOVATE(天際)自動車が戦略的提携を行う

次の章: 内容がない